カテゴリー: 
開始価格: 
¥40,000
上昇単位: 
¥1,000
1568770200
入札数 : 

鍔: 
銘:無銘(平安城)

長さ:  8.46 cm x 8.36 cm 
重ね(耳): 0.49 cm
時代:安土桃山時代から江戸時代初期
重量:160グラム

特徴:太刀風の鉄鍔に猪目透かしを入れ、縁に縄模様、中には蔓草を真鍮象嵌する。状態も良く真鍮の欠落が無く
更に鉄地を綿棒等でお手入れする事で
豪華な雰囲気が出ると思います。
平安城一派にはほとんど在銘品がないのは室町時代、
安土桃山時代に刀剣の需要が極めて多かった時代に
多量の鍔が必要とされ多くの鍔を製作する名も無き職人が数多く
製作したと考えられます。本作は状態が良く真鍮の欠落が見られず
是非御薦めしたい作品です。
当時の大らかな雅味のある作品です。
鉄地のみを綿棒などでお手入れをされる事で
かなり魅力を増す作品となるでしょうし愛着もでると考えます。
当時の雰囲気に浸り当時の職人さんと酒を飲みながら
楽しんで下さい。いや本当に!

桐箱入
葵美術評価鑑定書

 

Tsuba:
Mei (signature) : mumei(Unsigned)(Heianjo)

Length : 8.46 cm x 8.36 cm ( 3.33 inches x 3.29 inches)
Thickness of rim: 0.49 cm ( 0.19 inches)
Jidai(era) : Azuchi Momoyama to early Edo period.
Weight: 160grams.

Special feature: On the iron Tsuba, Inome designs are engraved with open work. Rope pattern and vine are engraved with brass inlay.
This Tsuba is in good condition. 

AOI estimation paper
In Kiri box.