カテゴリー: 
開始価格: 
¥700,000
上昇単位: 
¥1,000
1544577300
入札数 : 

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘: 靖徳 昭和十四年九月吉日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 靖徳 としては上上作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:66.6センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.95センチ
先幅:2.01センチ
重ね:0.68センチ
時代:昭和14年
体配:生刃を残し身幅、重ねしっかりとした作品で反りが深く付き切先やや延びた体配の良い作品です。
地鉄:地錵が付き地景が入って精良な地鉄となる。
刃紋:匂出来に近く足良く働き足が盛んの働き刃縁が柔らかく働く。
帽子:丸く返る

特徴:和八年七月、荒木貞夫陸軍大臣は有事に際した軍刀整備の為に刀工集団(財)日本刀鍛練会を東京九段の靖国神社境内に組織した。
そして第二次世界対戦集結迄の十二年間に8100口に及ぶ日本刀と、その材料となる玉鋼50数トンを生産した。
この刀工集団により造刀された日本刀を「靖国刀」といい、それに従事した刀匠達を「靖国刀匠」と言う。(トム岸田「靖國刀匠」より)
靖国刀匠はこれまでの日本の歴史の中で、戦闘を目的として刀を作り続けた最後の刀工集団となった。
本作はおそらく来国俊、国行あたりを狙って作刀したものと思われる地鉄の良さと、刃の中の微細な働きが見所の優れる刀となった。

拵:海軍軍刀拵え 状態の良い海軍軍刀拵え。鮫皮であるところからから上級の軍人であると考えられます。
鞘:鮫皮

葵美術より一言:靖徳は昭和八年(1933)に日本刀鍛練会に入会した靖国刀匠である。広島県出身で本名を梶山徳太郎という。
備前友成五十八代孫横山祐義及び氏正と銘を切った父友平の門。
靖徳も入会前は氏正と銘を切っていたが、入会と同時に刀匠銘靖徳を授名。
指導刀匠として活躍すると共に数々の奉納刀を含む約1,250口の刀を作刀した。
日本刀鍛練会の指導者は鎌倉時代の長光・景光の直丁字刃を作風の目標にしていたという。
昭和十五年(1940)に退会帰郷。戦況の厳しい昭和十八年(1943)からは正宗と銘を切った。昭和三十二年(1957)没。
なお没年を昭和二十九年とする資料も有る。
「靖国刀 伝統と美の極致」(トム岸田著 雄山閣出版株式会社発行)81Pに、本作と良く似た靖徳の昭和十一年の作例が、研磨師三品謙次氏により写真と共に紹介されている。

時代背景:太平洋戦争中に特に数多くの刀を制作した。

葵美術正真鑑定書
全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae (NBTHK Hozon paper)
Signature :Yasunori Shoawa 14nen 9gatu hi

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki :copper single habaaki.
Blade length : 66.6cm or 26.2 inches.
Sori :2.0cm or 0.78 inches.
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.95cm or 1.16inches.
Width at the Kissaki : 2.01cm or 0.79 inches.
Kasane : 0.68cm or 0.26 inches.
Era : Before the war. September of Showa 14th (ca 1939)
Shape :The blade has Ububa on the hmachi area which is very healthy blade with deep sori and long kissaki.
Jigane : Koitame hada well grained with jinie attach beautihul texture.
Hamon : Konie deki suguha with a lot of cyouji midare with ashi scatter and soft feeling habuchi.

Special Feature : Yasunori, also pronounced Yasutoku in Japanese was one of a famous Yasukuni-tosho who was born in Hiroshima pref. 
He learned under his father Ujimasa and Yokoyama Sukeyoshi. Customarily Yasunori used the same name of his father Ujimasa before entering the Nihon-to tanren-kai. 
He entered Nihon-to Tanren-kai in 1933 and forged about1,250 swords including dedicating swords to shin-to shrines. 

Koshirae : Japanese navy high ranking officer's mounting.
Saya :Shark skin.

From Aoi Art : Yasukuni, the real name of him is Tokutaro Kajiyama, was a swordsmith who entered NIhonto Tnrenkai at Syowa 8Nen(1933) .
He worked at Hiroshima prefecture and learned from his father Tomohira. 
First he was called Ujimasa and named Yasunori later on when entered Tokenkai. 
He made a lot of swords as one of the top members of Yasukuni sword makers. During his life, he made 1250 swords. 
His style was influenced by Kamakura period sword makers Nagamitsu and Kagemitsu.
At syowa 15th he retired Nihonto Tanrenkai and from syowa 18th, his signature changed to Masamune.
He passed away at Syowa 32. 
This sword must be possessed by a high ranking navy officer because the Saya was covered by shark skin.

Back ground of age : A lot of Japanese swords were made during war time.

Aoi Bijyutsu Syoshin estimation paper 
whole Oshigata.