カテゴリー: 
開始価格: 
¥300,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥300,000
1560042000
入札数 : 
1

短刀:拵え入り(委託品)(保存刀剣)
銘:於南越正直造 安政二年二月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は南越正直としては普通作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着一重
刃長:25.8センチ
反り:0.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.71センチ
重ね:0.67センチ
時代:江戸時代末期  安政二年  1855年
体配:表に剣を裏には護摩箸を彫り身幅やや広め重ね厚く広がりを見せた作品。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来直刃にのたれ互の目乱れが混じり匂口やや深く付き帽子丸く大きく焼き下げる。棟焼が3カ所程入る。

特徴:南越正直は文字の通り越前の刀工で銘鑑漏れでありますが出来も良く保存刀剣に合格しております。
身幅、重ねがしっかりとした作品で覇気のある作品です。

拵:合口海老鞘

縁頭:赤銅無地に廻りを金線で囲む。
鞘:刻み鞘(海老の胴体を模して刻む。
目貫:赤銅地で筏とも思える樹木に人物が櫓を漕ぐ図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鐺:海老の尾を模して鉄地で制作し廻りを金線で囲む。
小柄:赤銅魚魚子地に海老の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:珍しい海老鞘の拵えに正直の短刀を入れた作品で名鑑漏れながら出来もよくしっかりとした作品です。

時代背景:安政年間は地震、津波が多発した時代でかなりの被害をもたらせた。
安政元年12月21日日露和親条約が締結された。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Tanto in Koshirae.(consignment sale) (not guarantee)
Signature : Oite Nanetsu Masamichi Saku. Ansei enen 2 gatsuhi.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to regular saku ranking.

The blade was polished.
Habaki : Gold wrapped single habaki.
Blade length : 25.8 cm or 10.16 inches.
Sori : 0.1 cm or 0.03 inches.
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.71 cm or inches.
Kasane : 0.67 cm or 1.07 inches.
Era : Late Edo period, Ansei 2nd (1855)
Shape : Wide and thick sword, It has Ken and the Gomabashi are carved into the both sides.
Jigane : Well grained Koitame-hada with Jinie attached.
Hamon : Nie-deki, Suguha mixed with Notare and Gunome. Nioikuchi is deep. Boshi is O-maru. Muneyaki apparent.

Special Feature : Nanetsu Masamichi was active in Echizen province.
There's no his name on the reference books but the NBTHK Hozon paper proves the genuineness of the signature.

Koshirae : Aikuchi shrimp Koshirae

From Aoi Art : This sword has a very unique shrimp Koshirae.
The swordsmith is not so famous but the sword itself is nice.

NBTHK Hozon paper
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.