Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥450,000
Bid Increment: 
¥1,000
1590456300
Number of Bids: 

刀:拵え入り

銘:肥州八代住兼照鍛之
己卯年一月吉日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥州八代住兼照としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:74.6センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.35センチ
先幅:2.49センチ
重ね:0.67センチ
刀身重量:775グラム
時代:現代(1999)
体配:身幅が広く重ねやや厚く反りが適度に付き
切先が延びた体配の良い刀。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き、黒味のする九州独特の地鉄となる。
刃紋:小錵出来、丁字乱れとなり足良く入り
刃中、砂流、長い金筋が働き帽子、乱れ込んで先尖って返る。

特徴:肥後国兼照は、本名を木村義弘といい、赤松太郎の門人である。
地鉄良く鍛えられ地鉄は板目が詰んで肌立ちごころとなる。
赤松太郎一門が独自で制作している玉鋼を用いて
刀剣制作を行っているので、独特の地金がうかがえる。
いずれも水準を超えた刀工で人気が高い。

拵:
鍔:木瓜形の鉄鍔に松の木を透かし彫りする。
縁頭:素銅地に蔓草と点を打つ。
鞘:黒呂色鞘
目貫:鯰を高彫し金で色絵を施す。

葵美術より一言:兼照は赤松太郎の門人で九州、熊本で製作する。
赤松太郎一派は独特の自家製鉄を使用してで遺作する為
地金が肌立ち黒味にのする作品となります。
本作は丁字乱れの作品で、どことなく大阪新刀
河内守国助の二代を連想させられます。
上手に製作された作品といえます。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Koshirae.

Signature : Hishu Yatsushiro ju Kaneteru Kore
Tsuchinoto-U Nen 1 Gatsu kichijitsu (January 1999)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : silver single habaki.
Blade length : 74.6 cm or 29.37 inches. 
Sori : 1.8 cm or 0.70 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.35 cm or 1.31 inches. 
Width at the Kissaki : 2.49 cm or 0.98 inches. 
Kasane : 0.67 cm or 0.26 inches.
The weight of the sword 775 grams.
Era : Modern time (January 1999)
Shape : The blade is wide and thick with suitable sori and long kissaki.
Jigane : Koitamehada well grained with jinie attach. 
Hamon : Koniedeki choji midare with ashi 
and there are sunagashi and long kinsuji in the blade. 
Boshi is midarekomi pointed style.

Special feature: Higo kuni Kaneteru is a student of Akamatsu Taro. 
The school of Akamatsu Taro made swords using there original 
Tamahagane, so this work has peculiar dark jigane. 

Koshirae : 
Saya : Black Roiro Saya.
Tsuba :Mokko shape iron Tsuba, pine tree is engraved with openwork.
Menuki : catfish is engraved with gold color.
Fuchikashira: Copper, dots and vine pattern is engraved.

From Art :The school of Akamatsu Taro used home-made Tamahagane,
so jigane of their swords are clear and dark. 
This work looks like Osaka Shinto of Kawachi kami Kunisuke 2nd. 

 Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.