Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥600,000
Bid Increment: 
¥1,000
1575509400
Number of Bids: 

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(甲種特別貴重刀剣)

銘:河内守国助(二代)

新刀:上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は河内守国助としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:55.2センチ
反り:0.2センチ
目釘穴:1個
元幅:2.99センチ
先幅:1.93センチ
重ね:0.64センチ
刀身重量: 545グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:やや長寸で身幅、重ね尋常な反りが浅く付き切先、延びごころ。
地鉄:小板目肌実に良く練れて美しい大阪地金となる。
刃紋:刃区より直刃、その先匂口の深い互の目乱れとなり
所々拳丁字が現れ足良く働く
匂口が柔らかく匂口柔らかく 帽子大きく丸く返る。

特徴:作は二代河内守國助による脇指である。
二代河内守国助は初代と三代に挟まれている所から通称「中河内」と呼ばれる。
華麗な刃紋から新刀一文字と呼ぶ人もいる。
慶安(1648~)から元禄(~1703)に至る迄の作刀がある。元禄十一年(1698)八月没。
拳を握った時の状態に似ている所からいわれる特徴のある拳丁字は
彼が初めて考案したと言われており、
やや技工的な部分はあるが当時から人気が高い作風である。
また、国助は安定同様に反りの極めて少ないのも特徴である。

拵:
鍔:赤銅地鍔に風景と馬の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に菊の花を高彫りし金で色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:桐紋を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:二代河内守国助は独特の拳丁字乱れの刃紋を制作し一世を風靡した。
寛文の時代は刀剣の需要が少なくなった時代背景があり
綺麗な美しい派手やかな刃紋を制作する傾向があった為に
研究が最も進んだ時代といって良いでしょう。
本作は摂津大阪の刀工で派手さを強調した華やかな匂口に
深い互の目乱れとなり是非この破綻のない作品をお勧め致します。

時代背景:刀剣の需要が少なくなり、
刀工同士が生きるため派手な作品や刀身に彫りを入れたりした時代で
最も競争は激烈であるが最も美しい作品が研究された時代。

特別保存刀剣鑑定書 及び 特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)(NBTHK Koshu Tokubetsu Kicho paper)

Signature : Kawachi Kami Kunisuke (2nd generation)

Shinto: Jyo Saku: Wazamono Settsu.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single habaki.
Blade length : 55.2 cm or 21.73 inches. 
Sori :0.2cm or 0.07 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.99cm or 1.17 inches. 
Width at the Kissaki :  1.93cm or 0.75 inches. 
Kasane : 0.64cm or 0.25 inches.
The weight of the sword: 545 grams.
Era : Edo period Kanbun era.1661.
Shape :The blade is rather long and wide with small sori and longer kissaki. 
Jigane :Ko Itame hada well grained with jinie attach beautiful Osaka texture.
Hamon :From the hamachi, suguha hamon and then gunome CHoji midare 
and kobushi choji mixed with ashi work soft nioikuchi.

Special feature:Kawachi (No) kami Kunisuke the Second, commonly known Naka-Kawachi made this wakizashi. 
From the brilliant hamon, he is also called Shinto-Ichimonji.
He come into forging sword around Keian era, 
in the mid-seventeenth century and passed away in 1698. 
It is said that he created Kobushigata-choji hamon, fist-shaped temperline. 
It won applause at that time and still has great appeal in modern times.
Kunisuke's sword has a tendency curved slightly. 
The same thing can be said of Yasusada. 
This wakizashi shows elegant workmanship of Konie-deki 
with deep nioi-kuchi though the ara-nie is a weak point of Kunisuke the Second. 

Koshirae : 
Saya : Black Roiro Saya.
Tsuba : Shakudo, landscape and horse are engraved ith gold color.
Menuki : Kiri Mon is engraved ith gold color.
Fuchikashira: Shakudo,crythanthemum is engraved ith gold color.

From Aoi Art : Second generation  Kawachi Kami Kunisuke created 
a unique kobushi Cyoji midair hamon  made a first original hamon.
The era of Kanbun has a background of decreasing demand for swords.
so It may be said that the time when the research was most advanced 
because there was a tendency to produce a bright and beautiful swords in order to sell.

NBTHK Tokubetsu Hozon Token
NBTHK Koshu Tokubetsu Kicho Token
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.