Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥650,000
Bid Increment: 
¥1,000
1556069040
Number of Bids: 

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:(葵紋)越前康継作之(越前三代)
以南蛮鉄

新刀:中上作:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は(葵紋)越前康継作之(越前三代)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:48.2センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1個
元幅:2.98センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.62センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねしっかりとしたやや反り浅く
切先の延びた寛永頃の体配をした作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地肌となる
鎬地:小板目肌に柾目肌が交じる
刃紋:錵出来ゆったりとしたのたれ刃となる。 匂口やや深め、足が働く
帽子:丸く先尖りごころに掃掛となる。

特徴:越前康継3代越前康継の作品であります。
身幅、重ねもしっかりとしており充分楽しめる作品です。
初代康継は近江国で生まれ越前に移住する。
その後、徳川家康に召され刀剣を制作する事になる。
家康からは葵の紋を茎に切る事を許され又康の字をも許される。
代々康継は江戸と越前に分かれて制作を行う。
本作はその越前3代銘で作風は二代に似るが直刃のたれの出来で
匂口が深く刃紋に関しては大和守安定
又は兼若に似た作品で出来が素晴らしい作品です。
出来は3代独特り肌立つ地金は南蛮鉄を使用して制作されたと考えられる。
当時は南蛮鉄は貴重な地金で和鉄を混ぜて制作したのは康継であったと言われている。
本作は身幅が広めで健全な出来をしており既に特別保存に合格している作品です。

拵:
鍔:赤銅木爪型鍔 江戸時代中期頃
縁頭:赤銅魚魚子地に家紋を高彫りし金と赤銅の色絵をほどこす。江戸時代中期頃
鞘:黒鞘
目貫:赤銅地に家紋を高彫りし金と赤銅の色絵をほどこす。江戸時代中期頃

葵美術より一言:越前3代の康継でゆったりとしたのたれ刃は
どことなく安定を彷彿とさせる作品です。
健全である事も好ましく拵えもかなり高禄を食む侍のお持ち物であったと想像されます。

時代背景:将軍家綱の時代 第4代将軍である
(在職:慶安4年(1651年) - 延宝8年(1680年))
家光死去の直後に浪人の由井正雪や丸橋忠弥らによる
討幕未遂事件(慶安の変)が起こるなどして政情不安に見舞われた。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Mei: Aoimon Echizen Yasutsugu Saku Kore(Echizen 3rd generation)
Motte Nanbantetsu

Shinto: Chujo Saku: Echizen
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku  ranking.
The blade was polished.
Habaki :gols wrapped double habaki.
Shape(Sugata):The blade is rather wide and thickwith small sori and longer 
kissaki which is called Kanei style.
Blade length(nagasa) : 48.2 cm or 19 inches. 
Sori :0.8cm or 0.315 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi :2.98 cm or 1.17inches. 
Width at the Kissaki : 2.25 cm or 0.89 inches. 
Kasane : 0.62cm or 0.244 inches.
Era : Edo period Kanbun era.
Shape : The blade is rather wide and thick 
with small sori and long Kissaki 
which looks like Kanei era style.
Kitae :Koitame hada and small masame mixes 
with jinie attach beautiful nice texture.
Hamon :Noedeki wavy temper line with ashi 
and rather thick nioikuxhi.
Boshi:Round  Togari shape with hakikake.

Special feature:  First generation Yasutsugu was born at Oumi province 
and moved to Echizen province. Tokugawa Shogun's order, 
he made swords for this Syogun Ieyasu.
He was permitted to cut the Aoi moon(family crest of Aoi Tokugawa family 
and also received the name of Yasu(one of the charatoer of Tokugawa Ietasu)
This sword is 3rd generation Yasutugu which was made at Echizen province.
For making swords, Yasutsugu used Nanbantetsu(western steal 
which was made at Holland ) which was very precious.   
I think he made swords mixed with western steal and Japanese Tamahagane.
Nanbantetsu is not clear jigane and dark deep gray color 
but cut well sword after mixed with Japanese Tamahagane.  
The price is quite reasonable. We recommend this sword.

Koshirae : 
Saya :black roiro saya.
Tsuba :Syakudo mokko style tsuba.
Menuki : family crest is engraved with gold color. (middle Edo period.)
Fuchikashira:On the syakudo nanako plate, 
family crests are engraved with gold color.

From Aoi Art : 3rdYasutsugu wavy temper line sword like Yasusada.
The blade is healthy and also nice Koshirae.
Probably high ranking samurai hold this wakizasi.

Historical background: At Kanbun era, Tokugawa Ietsuna 4th generation controlled Japan.
Keian era 1651 to Enpo era(1680)
But after Iemitsu 3rd generation passed away, revolution occurred by Yui Syosetsu 
and Marubashi Cyuya but failed which means politically-unstable era.

NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.