Primary tabs

Starting price: 
¥180,000
Bid Increment: 
¥1,000
1555810860
Number of Bids: 

駕篭槍:拵え入り

銘:廣勝(と銘が有る)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は廣勝としては普通にランクされる作品です。

研磨済み
拵え全長:130センチ
刃長:18センチ
目釘穴:2個
時代:江戸時代初期頃
体配:三角槍でやや長めの作品
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き肥前風の地金となる。
刃紋:のたれ直刃。

特徴:廣勝は江戸時代初期の作品で肥前の忠吉の系統と言われている。
侍が籠で旅立つ時に籠の中に作品の出来から江戸時代の作品です。
籠槍とは籠の中に短めの槍を入れて突然の急襲に備えて制作した槍。

葵美術より一言:籠槍は珍しく旅行中籠の中に入れた槍で本作は珍しく槍の下部に
鉄地に返しを付けた作品で急な攻撃に即応出来る様注意深く用心しながら旅をしたと考えられます。

拵:駕篭槍拵え

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Kago Yari in Koshirae

Signature : Hirokatsu(not guaranteed)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Regular-saku ranking.

The blade was polished.
Whole Koshirae length : 130 cm or 51.1 inches. 
Blade length : 18.0 cm or 7.08 inches. 
Mekugi : 2
Era : Early edo period.
Shape : This is the triangular Yari.
Jigane : Well grained Koitame-hada which has Jinie attached. It looks like Hizen style.
Hamon : Suguha mixed with Notare.

Special Feature : Hirokatsu was active in early Edo eriod and had a connection with Tadayoshi from Hizen province.

Koshirae : Kago Koshirae.

From Aoi Art : This style of Yari was designed for a Samurai to fight off ambush during the ride on the Kago, Japanese palanquin.

Aoi Art estimation paper: Whole Oshigata.