Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥500,000
Bid Increment: 
¥1,000
1548118800
Number of Bids: 

刀:白鞘入り 

銘:興亜一心満鐵作昭和申申春 甲申 (きのえさる) 昭和19年

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は興亜一心満鐵としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
刃長:67.2センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.16センチ
先幅:2.06センチ
重ね:0.72センチ
時代:昭和 戦時中
体配:身幅が広く重ね厚く切先やや延び心
地鉄:無地風で梨地を思わせる地金
刃紋:匂出来直刃明るく冴える。
特徴:満鉄刀は、満州の極めて厳しい寒さの中では従来の日本で製作された油焼きと称する軍刀がことごとく折れてしまい、当地の厳しい寒さに堪えるものを製作しようと懸命に努力し研究を重ねた結果完成した。満州鉄道の大連鉄道工場で昭和十二年(1937)に企画され昭和十三年(1938)から本格的な生産が開始された。マイナス40度になっても折れない刀として当時有名になり、研磨を行うと地鉄が肥前刀の如く梨地風となり一見七代の忠吉に見える出来。製作方法が異なる為銃砲刀剣類登録証が発行されない場合もあるが、本作は銃砲刀剣類登録証が付いており問題なく所持出来ます。満鉄刀の製作数、殊に現存数は極めて少なく、時代を反映した珍品と称して良いのではないかと考えます。戦前南満州鉄道で勤務された中央研究所の日下和治博士が純度の高い優れた鋼を製造する事に成功した。 この鋼で日本刀を制作したところ切れ味が素晴らしかった事で更に開発がなされた。極寒の満州では切り込んだ際折れる事が発生したため更に工夫がなされた皮鉄用硬鋼丸棒にドリルで孔を空けその中に純鉄丸棒を挿入。機械鍛接、鍛造して電気炉で焼入れをする新造刀法を考案した。この方法は極寒の満州の気候にも堪え松岡満鉄総裁により「興亜一心と命名されました。銘には「興亜一心 満鐵謹製」・「興亜一心 満鐵作之」・「興亜一心 満鐵作」・「満鐵鍛造之」等と切られている。本来の折り返し鍛練する刀でないため以前は登録証が付かなかったのですが戦後70数年を経て日本刀の中で貴重な存在として登録がとれる様になったと聞いております(各県によって対応が異なります)

葵美術より一言:満鉄刀は精良な鋼の為よく研磨すると梨地に近く肥前刀に酷似しているのでこの満鉄刀を利用して偽名の後代忠吉に化けている作品を見かける事があります。理由の一つとして現在まで登録が付かない為にその銘を削り後代の肥前刀の銘を入れた事が大きな理由と言えます。珍しいためかなり高値で取引がなされております。

時代背景:戦前から戦時中満州で制作された珍品です。

葵美術評価鑑定書:
全身押し形

Katana in Shirasaya

Signature :Ko-a Issin Mantetsu Saku. Syowa Kinoe Saru (Syowa 19Nen  1944)
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saki ranking.

The blade was polished.
Habaki :silver single habaki.
Blade length : 67.2 cm or 26.4 inches. 
Sori :1.9cm or 0.74 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi :3.16 cm or 1.24 inches. 
Width at the Kissaki : 2.06 cm or 0.81 inches. 
Kasane : 0.72cm or 0.28 inches.
Era : Syowa 19.(1944.)
Shape : The blade is wide and thick with longer kissaki.
Jigane :Koitame had like Muji style Hizen style.
Hamon :Nioi deck tight.  and round bo-shi.

Special feature:Mantetsu-to is a kind of cold-tolerant gun-to appropriate for a cold northern district in Manchuria in China. South Manchuria Railways Co. planned it in 1937. After a series of experiments, they finally succeeded in making satisfactory katana and started to mass-production at Dalian in 1938. It was a remarkable improvement at that time because usual oil-tempered gunto was easily broken in severe cold. It is said that the mantetsu-to endured in the temperature minus fourty degrees. The texture of jitetsu shows fine nashi-ji by excellent polishing. It looks like as if it were a Tadayoshi the seventh's sword of Hizen-to. Only a few Mantetsu-to barely escaped as an article left by the deceased from disposing of junk in Japan and survive as if it were a witness of wartime.

From Aoi Art:Manchuria iron was made at Manchuria in mainland China while Japan occupied this district. The blade is cut well sword even in very sieve cold weather. The sword looks very similar with shinshinto Hizen Kuni Tadayoshi. Some swords were removed the signature and made Hizen Kuni Tadayoshi.  Recently it is hard to look for Mantetsu sword so the price is increasingly higher position.

Back ground of age: war time

Aoi Bijyutsu Syoshin  estimation paper 
whole Oshigata.