Primary tabs

Starting price: 
¥306,000
Bid Increment: 
¥1,000
Highest Bid: 
¥306,000
1549070400
Number of Bids: 
34

籠槍:拵え入り(保存会鑑定書)

銘:無銘(関兼升)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(関兼升)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
拵え全長:112センチ
刃長:17.0センチ
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:1.77センチ
重ね:0.67センチ
時代:室町時代末期
体配:ややケラ首が長く鋭さを感じさせる槍で籠槍と称する作品
地鉄:板目肌。ところどころ荒れた部分や、瑕があるが、
それほど気になりません。
刃紋:錵出来、直刃。

特徴:籠槍と称する作品で参勤交代や籠で旅をする際に
籠の中に槍を入れて突然の急襲に備える目的で制作された作品。

拵:黒漆塗り鞘に葵紋と唐草模様を金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:籠槍の完品は少なく珍しい作品です。
殿様や上級武士が籠での旅はお供を連れても隙が出る瞬間であり
突然襲われる瞬間があり、それを避ける意味で
即座に戦える用意をしていたと考えられます。

葵美術評価鑑定書:保存会鑑定書
全身押し形

Kago Yari in Koshirae.(NTHK estimation Paper)

Signature : Mumei (Seki Kanemasu)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Whole Koshirae length : 112 cm or 44.09 inches. 
Blade length : 17.0 cm or 6.69 inches. 
Sori : 0 cm or 0 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 1.77 cm or 0.69 inches. 
Kasane : 0.67 cm or 0.26 inches.
Era : Late Muromachi period.
Shape : Long Kerakubi, sharp Yari.
It is called Kago Yari.
Jigane : Itame Hada.
Hamon : Nie Deki, Suguha Hamon.

Special feature:Kago-Yari was used in the Kago-venhicle (planquin)in preparation for sudden attack.

Koshirae : Black color Saya, Aoi mon and arabesque with gold Makie.

From Aoi Bijyutsu:Recently it is rather difficult to look 
for Kagoyari a rear item (Kagoyari) When high ranking samurai traveling 
or go to some places .sometimes use Kago which is  traveling box.  
Even though with some guards, protecting sudden attack, 
Kago yari was hiding inside of the box.

Aoi Art  estimation paper  : NTHK estimation paper.
whole Oshigata.