Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥300,000
Bid Increment: 
¥1,000
1542330960
Number of Bids: 

刀:白鞘入り

銘:濃州関住二十三代藤原兼房作之

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は二十三代藤原兼房としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:65.7センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.14センチ
先幅:2.05センチ
重ね:0.67センチ
時代:戦時中
体配:刃区の刃に生刃が10cm程残り身幅が広く
重ねのしっかりとした作品で知るが深く切作が延びた
体配の良い作品です。
地鉄:板目肌に大板目肌が混じり地錵が良く付き、肌目が良く見て取れる。
差裏裏面の刃中に細かな炭籠があるが出来が上回り気にはならない。
刃紋:匂出来匂口の深い丁字乱れに、互の目乱れが混じり
刃中の働き横溢で砂流、金筋が良く働き
足、葉が柔らかく刃縁が柔らかく朝霧の煙る様を感じさせる。

特徴:明治13年に岐阜県関市に生まれる。その後加藤善之助寿命の門人となり
国工院名誉会員大宗匠まで上り詰め
優秀賞を獲得し岐阜県の無形文化財となる。

葵美術より一言:本作の作品は体配こそ戦時中の体配をした作品ですが
良く研磨がほどこされ地金は良く練れた古作写しとなり地金に地景が入り
練れて肌物となって良く見て取れる。 刃紋も同様国俊を思わせる
激しく乱れて刃中の働きが盛んとなります。私見ではこの様な見事な働きのある
昭和、現代の作品では滅多になく技量の高い刀工であります。
この作品の出来は新々刀では石堂是一にも匹敵する作品と私は考えております。
有名刀工にも決して負けない作品を23代藤原兼房は制作しております。 是非初心者の方は有名品を
購入するのでは無く出来の良い作品を求められ鑑賞して次の蒐集へと目を肥やして下さい。
葵美術が自信を持ってお薦めする作品です。

葵美術鑑定書:全身押し形

 

Katana in Shirasaya 

Signature: NO-SHU SEKI JU 23DAI FUJIWARA KANEFUSA SAKU KORE

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to saijyo saku  ranking.
The blade is polished by high ranking polisher.
Habaki :copper gold color habaki.
Shape(Sugata):The blade has Ububa 
Blade length(nagasa) : 65.7cm or 25.86 inches. 
Sori :1.8cm or 0.70 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.14 cm or 1.23 inches. 
Width at the Kissaki : 2.05 cm or 0.80 inches. 
Kasane : 0.67cm or 0.26 inches.
Era : War time. Showa.
Shape : The blade has Ububa 10cm and wide, thick 
with deep sori and long Kissaki nice looking shape.
Kitae :Itame hada and ooitame and also masanagare quite well grained
visible to see the texture.
Hamon :Nioi deki suguha from the hamachi and then, cyouji midare and 
gunome midare with deep nioikuchi and in Hamon, there are many 
sunagashi, kinsuji and yo, asi soft Habuchi.
Boshi: midarekomi style.

Special feature: At Meiji 13th he was born at Gihu seki 
and then he studied under the Zennosuke Kato Jyumyo 
and became Kokoin Meiyo Kaiin Daisosyo and also He got YUsyu syo.
He was Gifu prefecture human bunjazai.

From Aoi Bijyutsu:The blade is typical syowa blade length and shape but the blade is polished perfectly 
and well grained nice ppitame hada and mukumo, masame mixed up.
The jigane was made  Koto utsusi. Hamon is also koto stye like Kunitoshi
insude of the blade is nioideki deep nioikuchi suguha, 
asi and Yo scatter very active hamon.
I think this sword is high ranking Jigane and hamon like shinshinto high ranking sword makers like Ishido Korekazu.
THis Kanefusa is powerful technique not beaten compare 
with shinahinto high ranking sword makers.
Especially we recommend to obtain this sword 
and studied from this sword in order to level up your eyes.   
We strongly recommend this sword for you.

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.