Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥250,000
Bid Increment: 
¥1,000
Highest Bid: 
¥250,000
1534900440
Number of Bids: 
1

短刀:拵え入り(貴重刀剣)

 

銘:備州長船祐定(両刃造り)

大永六二月日      

 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております

本作の出来は備州長船祐定としては上作にランクされる作品です。

研磨済み

ハバキ金着一重

刃長:6寸3分(19.39センチ)

反り:0.0センチ

目釘穴:1個

元幅:2.23センチ

重ね:0.64センチ

時代:室町時代 大永の頃 1521年から1527年

体配:両刃造りの短刀で与三左衛門が得意とする作品で良く似た作品です。

地鉄:小板目肌に小杢目肌が混じり地錵が良く付き映りが表れ精良な地金となる。

刃紋:小錵出来、直刃に小丁字乱れが混じり

刃中細かな砂流、金筋が働き、帽子乱れ込む。

 

特徴:室町時代は播磨、美作、備前三国の守護大名赤松氏の庇護の元、

備前鍛冶繁栄の時代で多くの刀工を輩出した。

この時代は全国的に相次いだ戦乱により刀剣の需要は増大し、

加えて国内のみならず対明貿易の商品としても多数の刀剣が作刀された。

備前の長船派は光忠(建長 1249頃)を事実上の祖とする一派で、

祐定一家は室町時代末期に最も繁栄した。わけても祐定は長船鍛治の代名詞ともいえる。

備前長船鍛冶は天正の大洪水によって殆どが壊滅し、

その後は弟子筋の吉井住祐定が長船に進出して横山姓を名乗り、

再興に努めたとされる。本作は長船鍛冶の最末期の栄光を現代に伝えると共に、

その当時が偲ばれる作である。幾星霜を経た古刀ならではの良さがにじむ。

 

拵:朱塗り鞘

 

葵美術より一言:備州長船祐定は良く数打ちと称されておりますが

永正から大永頃迄は丁寧に制作された作品が多く

室町時代最末期には数打ちと称して多量生産で数多くの作品を制作される。

したがって本作は決して数打ちではなく、かなり丁寧に制作された痕跡が伝わる。

本作は両刃造りの珍しい作品で与三左衛門が得意とした作品で備前では時折見かけます。

銘振りも酷似しており地金、刃紋も同様であります。

見事な地金と品格のある刃紋は素晴らしく瑕欠点のない名品と考えます。

惜しむらくは茎の銘が見えにくい事ですが両刃造りの作品は少なく是非お求め下さい。

嫁入り短刀としてと他家へと嫁がれる娘さんに日本人としての誇り、

覚悟を真剣に託して持たせるのは素晴らしい事と私は考えます。

     

時代背景:1727年2月12日(3月24日)掛川原の戦い 管領 細川高国が、

天敵 細川六郎の連合軍に大敗し、将軍 足利義晴を奉じて京から落ち延びる。 ウイキペディアより引用

 

貴重刀剣

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Tanto in Koshirae.(NBTHK Kicho Paper)

 

Signature : Bishu Osafune Sukesada(Moroha Tsukuri)

Daiei 6, 2 Gatsu Hi

 

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)

This sword belongs to Jyo Saku ranking.

The blade was polished.

Habaki : Gold foiled single Habaki.

Blade length : 19.39 cm or 7.63 inches. 

Sori : 0 cm or  inches. 

Mekugi :  1

Width at the hamachi : 2.23 cm or 0.87 inches. 

Kasane : 0.64 cm or 0.25 inches.

Era : Muromachi period. Around Daiei Era(1521-1527)

Shape : Moroha Tsukuri Tanto. Yosozaemon is good at this style.

Jigane : The misture of Ko-Itame Hada and Ko-Mokume.

There are Usturi. The Jigane is clear.

Hamon : Ko-Nie Deki, Suguha Hamon with Ko-Choji Midare.

In Ha, there are Sunagashi and Kinsuji.

Bohi is Midarekomi style.

 

Special feature:In the Muromachi period, Harima, Mimasaka 

and Bizen province had been prospered under the protection 

of the Akamatsu family. Above all, Bizen province has turned 

out a great many talented swordsmiths. Supplying the demand 

of the Age of Provincial Wars in Japan, a large number of swords 

were made there in the late Muromachi period. 

Sukesada has become a synonym for the Osafune School though 

the founder was Mitsutada. It is regrettable that 

a deluge devastated the School in Osafune districts in Tensho era. 

Such is the way of the world that even the Osafune School, 

that prosperity and power had been unparalleled, 

perished in this way in the deluge. 

Old swords are all that is left to tell how once the swordsmiths lived.

 

Koshirae : Red color.

 

From Aoi Art: This blade is not mass productive item.

The style is Moroha Tsukuri Tanto. 

The Jigane and Hamon look like Yosozaemon.

But unfortunately the signature is not clear.

This Tanto is also suitable for Yomeiri Tanto(the wedding trousseau).

 

NBTHK Kicho Paper

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.