Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥220,000
Bid Increment: 
¥1,000
Highest Bid: 
¥251,000
1526778300
Number of Bids: 
14

脇差:白鞘入り

銘:越前国住兼植                                  

新刀:中上作:良業物:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越前国住兼植としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金色絵二重はばき。
刃長:1尺5寸9分(48.18 センチ)
反り:7分(2.1センチ)
目釘穴:2個
元幅:3.15センチ
先幅:3.15センチ
重ね:0.58センチ
時代:江戸時代 元和頃 1615年
体配:薙刀を思わせる身幅が広く重ね厚くがっしりとした大切先の作品
地鉄:板目肌よく練れて肌立ち康継を思わせる肌の良く出た地金
刃紋:錵出来直刃明るく冴えて帽子、焼き詰めとなる。

特徴:元和頃(1615-1624)の刀匠で越前国住兼植、越前国兼植などと銘を切る。
切れ味には定評があり良業物に名を連ねる。
この作品は薙刀風に制作した作品で大切先の豪壮な出来と言えます。
新選組隊士の武田観柳斉の愛刀が兼植と言われている。

葵美術より一言:まだ室町時代のきなくさい戦乱の時代背景に
本作の越前国住兼植が制作されました。
薙刀を思わせる反りの深い大切先の見事な作品で地金も良く
直刃出来に刃中かすかな二重刃が混じり、良業物として名を馳せた作品です。
銘振りが面白く興味が付きません。

時代背景:元和元年3月15日 大阪夏の陣
元和2年徳川家康死去

保証:保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya 

Signature : Echizen Koku Ju Kaneue

Shinto: Chujosaku: Ryowazamono: Echizen province.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : gold color double Habaki.
Blade length : 48.18 cm or 18.96 inches. 
Sori : 2.1cm or 0.82 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 3.15cm or 1.24 inches. 
Width at the Kissaki : 3.15cm or 1.24 inches.
Kasane : 0.58 cm or 0.22 inches.
Era : Edo period, Gennwa 1615.
Shape : It reminds of Naginata. Wide and thick blade with Okkissaki.
Jigane : Itame Hada well grained with Jinie attach. looks like Yasutsugu.
Hamon : Nie Deki, Suguha. The Ha is bright. Boshi is Yakizume.

Special feature: He is a sword smith during Gennna era(1615-1624).
He engraved his name as "Echizen Ju Kaneue" and "Echizen Koku Kaneue".
He has an excellent reputation about the sharpness. He is Ryo Wazamono ranking.

From Aoi Art: The blade was made around Muromachi period during war time.
The blade reminds of Naginata. The Sori and Kissaki are large.
The blade is gorgeous, Ryo-Wazamono.

Guarantee: NBTHK Hozon Paper.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.