Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥1,600,000
Bid Increment: 
¥1,000
1524016080
Number of Bids: 

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:兼定(二代 之定)

末古刀:最上作:最上大業物:美濃
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼定としてはに上々作ランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:25.5センチ
反り:0.0センチ
目釘穴:3個
元幅:2.4センチ
先幅:1.96センチ
重ね:0.6センチ
時代:室町時代末期明応末年の頃
体配:身幅尋常、重ね厚く三つ棟となり
表に龍の彫りを彫り裏には二筋の護摩箸を彫る。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き
細かな地景が入り潤いのある地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ、足良く刃入り匂口深い。
帽子のたれて先尖り御頃に長く焼き下げる。

特徴: 兼定は室町後期に活躍する孫六兼元と人気を二分し
後年江戸時代には「千両兼定」といわれた甲州出身で
美濃に来て初代兼定の門人になる、後に養子になる。
その刀は切れ味よく、最上大業物にランクされている
刀期間は 文明二二年(文明四年・1472年)銘の平脇指を紹介し、
これを2代兼定の最古作とみなしている
永正8年頃に和泉守を受領したと推定される。受領の背景には伊勢の神宮に
おける派閥争いにおいて刀剣を鍛え供したことの恩賞と考えられている。
現地(山田)にて鍛えた旨が刻銘された遺作が現存する
二代兼定は「定」の字をウ冠の下に「之」で切ることが多いことから、
刀剣界では二代兼定を「之定」(ノサダ)と呼び習わされている。
本作は銘の組み立てから明らかに兼定の最も充実していた時代の
中期頃の之定と言える作品です。檜垣の鑢目が良く見て取れ
刀身の今では薄くなっている。剣巻龍の彫りも良く
地金の素晴らしさと華やかな刃紋も評価出来る作品と言えます。

拵:合口拵え
縁頭:赤銅魚子地に虎と花の図を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘に雲の図柄をほどこす。
目貫:赤銅地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
柄:木を荒々しく刻んだ作品
小柄:赤銅魚子地に扇と花車を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:美濃の刀工に最高峰を行く二代兼定(之定)の
健全な短刀で刀身に摩滅したとは云え龍の剣巻龍の彫り物があります。
三つ棟の体配で地金が良く刃紋は錵出来、匂口の深めの作品で
通常の焼きの締まった匂出来風の作品とはやや異なります。
拵えもまずまずの合口拵えで滅多にでてこない兼定(二代 之定)をお薦め致します。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Tanto in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Kanesada (2nd generation)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : silver single Habaki.
Blade length : 25.5 cm or 10.03 inches. 
Sori : 0.0 cm or 0 inches. 
Mekugi : 3
Width at the hamachi : 2.4 cm or 0.94 inches. 
Width at the Kissaki : 1.96 cm or 0.77 inches. 
Kasane : 0.6 cm or 0.23 inches.
Era : Late Edo period, around Meiou era.
Shape : Regular width and thickness Mitsumume style Tanto.
There are engraving of dragon, Futasuji-Hi and Gomabashi.
Jigane : Ko-Itame Hada well grained with Jinie attach.
There are fine Chikei.
Hamon : Nie Deki, Gunome Midare. There are many Ahi with thick Nioikuchi.
Boshi is Notare and Yakisage style. 

Special feature : Kanesada(Second generation also known 
for the signature Nosada) is the child of first generation Kanesada.
He was called Yoshi Uemon no Jyo but 
by the early Meio period(1492-1501)
he has signed his signature Kanesada.
He has received the post of Izumi Kami.  
Both Seki Magoroku and Izumi Kami Kanesada
were the head of Mino school sword
smiths and their swords are ranked 
Saijyosaku and Saijyo Owazamono.
Durin Edo Period, Kanesada work was called 
Senryo Kanesada which was the object of envy, 
Many Daimyos such as Takeda Nobutora, 
Shibata Katsuie, Akechi Mitsuhide, 
Hosokawa Yusai, Hosokawa Tadaoki.
This Tanto has nice Jigane and Hamon.

Koshirae : Aokuchi Koshirae
Saya : Black Roiro Saya with clouds design.
Menuki : Shakudo, flowers are engraved with gold color.
Fuchi Kashira: Shakudo Nanako, 
tiger and flower are engraved with gold color.
Kozuka: Shakudo nanako, flowers and wheel are engraved with gold color.

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.