Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥500,000
Bid Increment: 
¥1,000
1534641300
Number of Bids: 

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:兼常

末古刀:上作:美濃
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は兼常としてはにランクされる作品です。

研磨済み
はばき:銀一重
刃長:22.7センチ
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.13センチ
重ね:0.48センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅、重ね頃合いで表裏に梵字を彫りすっきりとした体配の短刀。
地鉄:小板目肌よく練れて柾目がかり白気映りが現れる。
刃紋:小錵出来尖り互の目乱れが混じり、互の目乱れとなり帽子地蔵風に丸く返る。

特徴:兼常は、美濃の刀工で長きにわたり刀剣の制作が行われた。
特に尾張に移った相模守政常は著名な刀工として広く知れ渡っている。
一般的に兼常の地金は大変良く練れて、美濃の刀工の中では兼元、和泉守兼定、兼貞に続いて有名な刀工であります。
切れ味にも優れ本作は刃紋の華やかさと地金の精良さが素晴らしい作品です。

拵:
鍔:鉄地のはみ出し鍔で藤と思われる図柄を金で色絵をほどこす。
縁頭:四分一地に人物などを高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色路色鞘
目貫:赤銅地で馬に乗る人物を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:四分一地に人物が瓢箪の蓋を開けて馬が走り去る中国の故事から
引用した物語を題材とした図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
馬師皇とも異なる図柄で良く題材の使用された図柄です。
銘:弘賀寿

葵美術より一言:兼常は美濃では名の知られた刀工で二字銘が多く短刀の制作は比較的多くスキッとした作品が多い。
本作は茎が長く時代の古さを感じさせ拵えも出来の良いしっかりとした作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Tanto in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)
Signature : Kanetsune
Sue Koto:Jyo saku ranking:Wazamono cutting test rankig:Mino

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki : silver single habaki.
Blade length : 22.7 cm or  8.94inches. 
Sori :cm or  inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.13 cm or 0.84 inches. 
Kasane : 0.48cm or 0.19 inches.
Era : Late Muromachi period,
Shape : The blade is rather small and nice shape, long nakago. On both sides of the blade engraved Bonji.
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach and also shirake utsuri appear.
Hamon :Konie deki togari gunome and regular gunome midare mixed Boshi is Jizo style.

Special Feature : Kanetsune was well known swordsmith in Mino province. 
Most of his signatures are Nijimei (the 2 kanji characters signature).
The swordsmiths made a relatively large number of Tanto. 

Koshirae : 
Saya : black brown roiro saya.
Tsuba : Iron Hamidashi tsuba which is engraved some plant with gold color.
Menuki : On the syakudo plate, horse riding man is engraved with gold color.
Fuchikashira : On the shibuichi plate, man and others are engraved with gold color.
Kozuka:On the shibuichi plate, man is opened the dried gourd bottle and a horse flew away. This story comes from Chinese story. signature:hiro Ga Jyu. 

From Aoi Art : Judging from this long Nakago the blade should be attributed to the first generation.
Aside from Kanetsune, there're some famous swordsmiths in this province such as Izumi Kami Kanesada, Kanemoto Kanesada(Hachiya)  Kanefusa.

NBTHK Hozon Token.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.