システムエラーにより、日本刀オークションの終了時間の表示が正常にご利用頂けない状況が発生しております。
終了時間は各商品の説明文に掲載しております。
お客様には大変ご不便をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。
システム復旧まで今暫くお待ち下さい。

Because of the system error, Auction Timeout fails to show when the auction ends, We assure that this trouble is not intentional.
The ending time shows on the item description page.
We are sorry that we will be causing you trouble.

Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥380,000
Bid Increment: 
¥1,000
Highest Bid: 
¥380,000
1524101700
Number of Bids: 
1

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:無銘(相模守国綱)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘 (相模守国綱) としては上作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀着一重
刃長:71.0センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:2個
元幅:3.08センチ
先幅:2.23センチ
重ね:0.715センチ
時代:江戸時代慶安の頃1648.
体配:表裏に棒樋を彫りほぼ生無銘の刀で
体配から江戸時代初期に近い慶安頃の作品
地鉄:板目肌が良く練れて肌立ち地錵が良く付き肌目が良く見て取れる。
刃紋:錵出来のたれに互の目乱れが混じり
足が入り刃中、砂流、金鋤が働く。

特徴:相模守国綱は越前下坂の流れで
康継との交流があったと考えられ
地金が肌立ち良く似た作風を踏襲する。

葵美術より一言:本作は刀剣博物館の審査では
相模守国綱と鑑定されているが、私見では尾張の刀工で
飛騨守氏房に良くにた作品と考えられます。やや角張った刃紋で
生無銘であるのが惜しまれます。
長さもあり、高級居合刀として鑑賞様の刀として是非御薦めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya.(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Mumei(Sagami Kami Kunitsuna) 

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.

The blade was polished by good polisher.
Habaki :silver single habaki.
Blade length : 71.0 cm or 27.95 inches. 
Sori :1.2cm or 0.47 inches. 
Mekugi :  2
Width at the hamachi : 3.08 cm or 1.21 inches. 
Width at the Kissaki : 2.23cm or 0.87 inches. 
Kasane : 0.715cm or 0.28 inches.
Era : Edo period Keian era.1648.
Shape : The blade is Ubu nakago and engraved bo-hi 
on both sides of the blade.  the blade is rather wide 
and thick with suitable sori and longer kissaki attractive shape.
Jigane :Itame hada well grained with jinie attach 
and visible to see the texture.                
Hamon :Niedeki notare and gunome midare mixed 
with sunagashi and kinsuji work.   
Boshi is round shape.
                       
Special feature: NBTHK judged as Sagami Kami Kunitsuna .
Sagami Kami Kunitsuna was working at Echizen province 
which streams of Echizen Shimosaka school with Yasutsugu.
I think he learned a lot at that area.
       
From Aoi Art: NBTHK judged as Sagami Kami Kunitsuna 
but I think the blade looks Owari Hida Kami Ujifusa 
because of the square shape hamon.
The blade is more than 71.0 cm and suitable shape 
for Iai practice and also Kansyo blade(enjoy the jigane nad hamon).

NBTHK Hozon Token.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.