Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥550,000
Bid Increment: 
¥1,000
1524187500
Number of Bids: 

刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:越前住播磨大掾藤原重高

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越前住播磨大掾藤原重高としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:
刃長:2尺3寸3分(69.7センチ)
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.22センチ
先幅:2.08センチ
重ね:0.72センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅広め重ね厚く反り少なく切先やや延びた作品
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き肌目が良く看て取れる。
刃紋:錵出来互の目乱れが連なり、刃中、砂流、細かな金筋が働く帽子丸く返る.
特徴:越前住播磨大掾藤原重高は初代より数代継続する肥前新刀であります。
初代は地金が肌立ち古作を思わせるが二代以降となると重ねのしっかりとした
反りの浅い寛文新刀の体配が多く地金は黒味のする互の目乱れが多くなる。
本作は播磨大掾藤原重高の典型作で地金に黒味となり刃紋も互の目乱れとなる。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に耳を太く立ち上げて地には細かな文様を入れる
縁頭:銀地に人物と団扇を彫り一部金を入れる
鞘:変わり塗り鞘。
目貫:赤銅地で棒状の線模様を高彫りする。

葵美術より一言:身幅、重ねのしっかりとした作品で地金が黒味のする肌立つ地金に
互の目乱れが現れる所から石州物を思わせる作品です。
拵えもまずまずの作品で鑑賞として又高級居合刀としてお薦め出来る作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書:全身押し形

Katana in Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature :Echizen jyu Harima Daijyo Hujiwara Shigetaka
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to ranking.

The blade was polished.
Habaki :
Blade length : 69.7 cm or 27.4 inches. 
Sori :1.2cm or 0.47 inches. 
Mekugi :1
Width at the hamachi : 3.22cm or 1.26 inches. 
Width at the Kissaki : 2.08 cm or 0.81 inches. 
Kasane : 0.72 cm or 0.28 inches.
Era : Edo period Kanbun 
Shape : This blade is wide and thick with little Sori. Kissaki is long. 
Jigane :Itame-hada well gained with jinie attached. We can see Hadame well.
Hamon :Niedeki, Gonome-midare.KInsuji works. round Boshi.

Special feature: Shige taka continued to several generation from the first geberation.
First generation looks Koto blade. From 2nd to later generation 
Hamon is regular Gunome midare hamon with well grained Jignane. 
The blade is suriage and Machiokuri but healthy blade.

Koshirae : 
Saya :Kawari Nuri Saya
Tsuba : patterns are engraved into round iron Tsuba. 
Menuki : Syakudo plate, a rod is carved.

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.