システムエラーにより、日本刀オークションの終了時間の表示が正常にご利用頂けない状況が発生しております。
終了時間は各商品の説明文に掲載しております。
お客様には大変ご不便をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。
システム復旧まで今暫くお待ち下さい。

Because of the system error, Auction Timeout fails to show when the auction ends, We assure that this trouble is not intentional.
The ending time shows on the item description page.
We are sorry that we will be causing you trouble.

Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥550,000
Bid Increment: 
¥1,000
1523927700
Number of Bids: 

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:肥後守法城寺橘吉次

新刀:中上作:薩摩
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 肥後守法城寺橘吉次としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:63.7センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:1個
元幅:3.09センチ
先幅:1.98センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが浅く切先が延びた体配の作品
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き江戸新刀の兼重の地金となる。
刃紋:錵出来刃区より互の目乱れ、その先二重刃、三重刃となり
刃中、砂流、金筋等が絡んで帽子匂口深く丸く返る。

特徴:東武の住人にして根本吉兵衛と称し、法城寺国正の門人で
寛文頃に鹿児島に移住する。作品は直刃出来に大きな互の目乱れの
足が入り虎徹、兼重に酷似した作品が多い。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に耳を立ち上げと折り曲げ地には
岸辺に繋いだ和船に乗る人物を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:四分一地に頭は老人が息を吹き付ける図と
縁には老人を片切り彫りをほどこす。何かの物語の図と考えられる。
鞘:黒呂色鞘に紅葉の図柄を描く
目貫:花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鐺:四分一地に文様を片切り彫りをほどこす。

葵美術より一言:刀身の下部に練れた地金が目につきますが
悪くはなく地金は法城寺一派の地金となり
刃紋も同様に虎徹を思わせる刃紋で特に帽子は
匂口の深い丸い尖り御頃の刃紋となり技量の優れた作品と言えます。
拵えもまずまずで是非御薦めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature :Higo Kami Hojyoji Tachibana Yoshitsugu

Shinto: Chujho saku ranking: Satsuma.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
nking.This sword belongs to Jyo Jyo Saku r ranking.
The blade was polished.
Habaki :silver single habaki.
Blade length : 63.7cm or  25inches. 
Sori :1.0cm or 0.39 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.09cm or 1.217 inches. 
Width at the Kissaki : 1.98 cm or  0.78inches. 
Kasane : 0.7cm or 0.28 inches.
Era : Edo period Genroku era.
Shape : The blade is wide and thick woth small sori and longer kissaki.
Jigane :Itame hada well grained with jinie attach and chikei work.
Hamon :From the hamachi area, gunome midare and then suguha with gunome midare mixed with sunagashi, kinsuju double hamon.
Boshi is round shape with deep nioikuchi and turns back.

Special feature: He stayed at Edo and worked under 
the Hojyoji Kunimasa and then he moved to Kagoshima in Kyusyu island.
His work is very cloth to Kotetsu and Kaneshige.

Koshirae : 
Saya :On the black roiro saya, maple leaves are painted.
Tsuba :On the mokko style iron Tsuba, rise up Mimi and folded and 
engraved fisherman's bout and fisherman.
Menuki : On the shibuichi plate, an old man is engraved.
Probably the Tsuba icome from an old Chinese story.
Kojiri: On the shibuichi plate, some designe is engraved.
Menuki:a flower is engraved by syakudo plate with gold color.

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.