システムエラーにより、日本刀オークションの終了時間の表示が正常にご利用頂けない状況が発生しております。
終了時間は各商品の説明文に掲載しております。
お客様には大変ご不便をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。
システム復旧まで今暫くお待ち下さい。

Because of the system error, Auction Timeout fails to show when the auction ends, We assure that this trouble is not intentional.
The ending time shows on the item description page.
We are sorry that we will be causing you trouble.

Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥2,500,000
Bid Increment: 
¥1,000
1524099600
Number of Bids: 

刀:白鞘入り(29回重要指定証明書)

銘:無銘(青江)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(青江)としては最上作にランクされる作品です。
最上研磨済み
はばき:金無垢30グラム
刃長:70.1センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:3個内2個埋
元幅:2.75センチ
先幅:2.03センチ
重ね:0.6センチ
時代:鎌倉時代末期
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常な反りの深い堂々とした体配の太刀姿
地鉄:板目肌に大板目肌が混じり地錵が厚く付き
地景が現れ、縮緬肌と呼ばれる地金となる。
地には鮮明な映りが現れる。
鎬地:板目肌の大板目肌が見て取れる
刃紋:錵出来直刃基調に足、葉が盛んに働き
刃中、砂流、金筋が働き
帽子やや匂口深く乱れこんで返り足、葉が絡む。

特徴:青江派は備中高梁川下流域を中心に繁栄し、多くの名作を残したが、
鎌倉時代中期頃より南北朝期頃までのものが青江、それ以前のものが
古青江と呼ばれる。室町時代になると全く衰退している。
作風は地肌に澄み肌が出る事、刃紋に逆乱れや逆足入り、
備前物に比べて地鉄が硬いのが見所とされる。
本作は大磨上無銘ながら同派の特色を良くあらわしている。
作風は地肌に澄み肌が出る事、刃紋に逆乱れや逆足入り、
備前物に比べて地鉄が硬く生き生きとして縮緬肌となる。

葵美術より一言:重要刀剣図譜で描かれた波紋はかなり粗雑に
制作され実際の刃紋とはかなり異なります。
刃中の働きは足、葉が良く入り帽子はかなり複雑に働いております。
地には映りが鮮明に働き圧倒される雰囲気を醸し出しております。
正に貫禄のある格調高い名品で是非お薦めしたい作品と云えます。
余程大切にされたと考えられハバキは金無垢二重(30グラム)で制作されております。
古刀としての貫禄が充分な作品です。
なお本作の重要刀剣図譜は紛失した為再発行されております。

29回重要指定証明書
重要刀剣図譜は紛失した為再発行されたております。
葵美術鑑定書
全身押し形

Katana in Shirasaya(29th NBTHK Juyo Paper: reissued)

Signature : Mumei (Aoe)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijyo saku (top)ranking.
The blade was polished by one of the top ranking polisher.
Habaki :solid gold double habaki. 30 grams.
Blade length : 70.1  cm or 27.55 inches. 
Sori : 2.0 cm or 0.78 inches. 
Mekugi :  3. 
Width at the hamachi : 2.75cm or 1.08 inches. 
Width at the Kissaki :  2.03cm or 0.79 inches. 
Kasane : 0.6 cm or 0.23 inches.
Era : Late Kamakuro period.
Shape : The blade is oosuriage mumei(cut shortened) with regular widthm thickness with deep sori wonderful shape.
Jigane :Itame hada and ooitame hada with jinie attach chikei work
well grained texture which is called Chirimon hada.
Shinogiji:Itame hada and ooitame hada mixed.
Hamon :Niedeki suguha with ashi and Yo scatter.
In Hamon, there are sunagashi, kinsuji work.
Boshi is midarekomi style with yo and ashi.

Special feature: the Aoe School had been prospered at the lower reaches of the Takanashi river in Bichu province. This katana shows distinctive feature of Aoe school though nakago has no signature 
and o-suriage. The Aoe School, regarded Yasutsugu in the middle Heian period as the founder had been prospered at the lower reaches of the Takanashi River in Bichu province. Swordsmiths of Aoe School forged quite a few o-naginata in late Kamakura period to early Nambokucho period. 
According to the Jyuyo zufu, the blade was made at Kamakura period.

From Aoi Art: This blade has very beautiful Jitetsu.
(Itame and ooitame hada  mixed well grained.) 
and Utsuri elegant clear marvelous Aoe Chirimenhada.
The Hamon is bright and clear and also a dignified work.
And the condition is very nice witout Kizu and flaw.
I think the Jyuyo zuhu oshigata is not well done so please check our Oshigata.
The Hamon is bog difference between NBTHK and Aoi Oshigata,
The blade has been kept in good condition and taking care for a long period.
Habaki was made by solid gold(30 grams)
The Joyo Token paper was reissued.

29th NBTHK Juyo Paper: reissued
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.