Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥450,000
Bid Increment: 
¥1,000
Highest Bid: 
¥602,000
1539307200
Number of Bids: 
23

刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:備前国住横山将藍源祐信作
友成五十六代孫

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備前国住横山将藍源祐信としてはに上作ランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:2尺3寸4(70.9センチ)
反り:6分(1.8センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.93センチ
先幅:1.815センチ
重ね:0.77センチ
時代:江戸時代天保頃
体配:身幅、重ね尋常な反りの深い優美な体配をした刀
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付きやや肌目が見てとれ
地景が刃入り綺麗な地金となる。
刃紋:刃区より直刃、その先菊花丁字乱れを焼き明るく冴えた作品で
足が入り刃中、砂流が良く働く。

特徴: 備前国住横山将藍源祐信の初代は上野大掾祐定の養子で
刃紋は丁字かかった互の目乱れとなり、
その弟子である横山将藍源祐信は二代を襲名し
辰右衛門と称し安政4年1月26日没

拵:上手の海軍拵え付き

葵美術より一言:横山将藍源祐信は友成56代の孫と称し横山祐永も同様に
友成56代を名乗っている。横山祐包は友成58代孫と切り同様に横山祐義が友成58代と名乗る。
横山祐春は友成56代を名乗る事から必ずしも一人の刀工が名乗っていた
のではない事が分かります。 兄弟弟子がお互いに了承し合い出来た制度かも知れません。
作風を見ますと菊花丁字乱れは横山祐永、祐信が横山一派の作風として作り上げたものと
私は考えております。本作は菊花丁字乱れに互の目乱れが混じった作風で
菊花丁字に至る過程を見る感じが致します。明るく冴えた作品で刃中に砂流、金筋が働き出来の優れた
作品で菊花丁字が完成される以前の作品と云え働きがなを一層ある覇気に富んだ作品といえます。
私見ではありますが助廣、真改なども濤乱刃や匂口の深い作品が完成される直前の作品は
野趣に富み働きの横溢な作品が多く楽しめると考えております。
やがて横山祐包の時代となると菊花丁字乱れが完成し美しい独特な作品となりますが
やや技巧的な作品で好みはそれぞれ異なりますが、祐信の作品は野趣に富んで面白さがある感じが致します。
いずれにせよ海軍の将校として出征される時に家宝の刀を仕込んで
戦地の赴いたと考えられ感慨一入です。
海軍軍刀拵えは鮫皮を使用した上手の作品で状態も完品といえます。

時代背景:戦時中

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Koshirae (NBTHK Hozon Paper)

Signature : Bizen Koku Ju Yokoyama Shogen Sukenobu Saku
Tomonari 56 Dai Mago

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Saku ranking.

The blade was polished.
Habaki :Silber single Habaki.
Blade length : 70.9 cm or 27.91 inches. 
Sori : 1.8 cm or 0.70 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.93 cm or 1.15 inches. 
Width at the Kissaki : 1.815 cm or 0.71 inches. 
Kasane : 0.77 cm or 0.30 inches.
Era : Edo period around Tenpo era.
Shape : Regular width and thickness Katana with deep Sori.
The elegant shape Katana.
Jigane : Ko-Itame Hada well grained with Jinie attach.
visible to see the texture.
Hamon : From Hamachi is Suguha and then Kikka Choji Mireda.
The Ha is bright. In the Ha, there are Ashi and Sunagashi.

Special feature:  Bizen Koku Ju Yokoyama Shogen Sukenobu is the adopted 
son of Kozukedaijo Sukesda. The Hamon is Gunome Midare with Choji.
His student Yokoyama Shogaen Sukenobu succeeded the 2nd generation.
He passed away on 26th January1857.

Koshirae : Navy Koshirae.

From Aoi Art: Bizen Koku Ju Yokoyama Shogen Sukenobu was called  Tomonari 56 Dai Mago. 
Yokoyama Sukenaga was also called Tomonari 56 Dai Mago.
Yokoyama Sukekane  was called Tomonari 58 Dai Mago.
Yokoyama Sukeyoshi was also called Tomonari 58 Dai Mago.
This Hamon is Kikka Choji Midare and Gunome Midare. The Ha is bright.
There are many Sunagashi and Kinsuji. The blade is wondeful.
You can enjoy this pieces very much. The navy Koshirae is also nice.

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.